%e3%82%b9%e3%83%94%e8%ac%9b%e5%ba%a7

  

外に向うピリチュアルと

内に向うスピリチュアル

 

多くのスピリチュアルは自分の内面、すなわち内に向かいます。

 

内に向かえば外も変わるというには、ある意味真実ではありますが、多くの人の内面が変わるまで理想の社会が出来にくいというデメリットがあります。逆に外に向うというアプローチもあります。スピリチュアルなノウハウで現実や社会を変えて行くというアプローチです。

 

多くの真面目なスピリチュアルな人は内に向い、逆にどちらかというと胡散臭い「お金儲け主義」的なスピリチュアルな方が外に向う傾向にあるように感じますが、内に向うのは女性性の傾向であり、外に向うのは男性性の傾向です。スピリチュアルという分野でも、もう少し現実的な視点がないとバランスが取れないように思います。

 

アイヌなどの日本の先住民も、米国のネィテイブも、征服した側よりも遥かに高い霊性を持っていたのにもかかわらず、物質世界では征服されてしまいました。たぶんそれは物質的な世界、外に向うことを軽視したためではないでしょうか?もっと外に向うスピリチュアルということが必要なのではないでしょうか?

 

新時代のスピリチュアル
スピリチュアル・ネクスト

 

スピリチュアル・ネスクトとは新しい時代のスピリチュアルであり、今までのスピリチュアルのように個人の内面だけでなく、外の世界、つまり現実世界で本当に役に立つスピリチュアルのことです。

 

それためにはまず、どこかの宗教とかに限定されない「汎用性」や、誰でも理解でき納得できる「論理性」、そして具体的に効果があがる「実証性」を兼ね備えていなければなりません。

 

また、スピリチュアルというものには3つの側面があると私は考えています。

 

ひとつは「物質的レベル」、すなわち現実的に結果が出せるという内容です。しかし、心や見えない世界を扱うため100%の結果を出せる訳ではなく、現実に結果を出せるのは20〜50%程度かも知れませんが、その確率をいかに高めていくかがポイントだと思います。(コミュニケーションなどはもっと高い確率で結果が出せます。)

 

もうひとつは「霊的レベル」霊的なトラブルを抱えている人の問題解決です。霊的なトラブルを解決したら肉体の痛みが取れたとか、テナントの霊的トラブルを解決したらテナントが満杯になったなど、信じがたい事例も多く存在します。最近は霊的に敏感な方も増えていて、さらに子供たちの世代においてはインディゴ・チルドレン、レインボー・チルドレンといった霊的に敏感な世代が増えている中、霊的なトラブル対応は急務とも思えます。サイキックアタック対応などもこれに含まれます。

 

もうひとつは「魂レベル」人間とは何かとか、人生はどう生きるべきなのかみたいな本質的なことに答えるものです。これは本来は宗教とかが担うべきものだと私は考えています。

 

今回の実用スピリチュアル講座は、この3つの側面のうち「物質的レベル」を中心に、「霊的レベル」を加味し、実用的なノウハウをご提供させていただきます。

 

スピリチュアル・ネクストの7つ道具

 

セミナーとかワークショップでは「意識を変える」ということを中心にお話しをさせていただいているのですが、さらに実戦的にスピリチュアルを活用できるように、特に有効な手法を「7つのツール」としてピックアップしました。

 

人生を一種のロールプレイングゲームだとすると、このツールは武器やアイテムとなります。ここではあまり原理的なことは説明しませんが、具体的に役に立つノウハウとしてご提供させていただきます。

 

 本当の自分とつながる「内なる神性」

 コミュニケーションツール「心の合気道」

 万能ツール「ネガティブ・クリアリング」

 ヒーリングツール「ブレイン・イメージング」

 様々に意識を変化させる「シフティング」

 霊的万能ツール「アストラル分身」

 創造を具現化する「宣言法」

 

こんな方に

 

これらの手法はとても効果の高いものであり、多くの人に使っていただきたいのですが、特に以下のような方々にお使いいただけたらと思っています。

 

 スピリチュアルを日常生活やビジネスに活用したい方

 既存のスピリチュアルに飽き足らない方

 スピリチュアルな手法で結果を出したい方

 周囲にスピリチュアルの良さを示したい方

 スピリチュアルな手法を使って環境や社会をより良くしたい方

 

お申し込みはこちらから

 

実用スピリチュアル講座:全4回

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

※登録時は以下のメールマガジンにも代理登録されます。

  • タイトル:スピネク通信 / 発行者:金子浩一